社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

循環器内科

循環器内科

循環器内科では、心臓血管造影室を4室備え、積極的にカテーテル診断、カテーテル治療に取り組んでいます。診断では、心臓CT・SPECT・PETなどの最先端の技術を取り入れています。不整脈外来をもうけ、アブレーション治療、ペースメーカー治療を行っています。心臓リハビリや生活習慣病にも取り組んでいます。平成23年10月より心臓・脳・血管センターを開設し、心血管病全体に対応すべく新たな体制のもと地域医療に貢献します。

HNVC

循環器内科 外来診療表(8月)

●循環器内科

 
午前 仲村 圭太 芹川 威
(第4代診 担当医)
野口 博生
伊元 裕樹
野口 博生
伊元 裕樹
野田 裕剛 野田 裕剛
藤田 一允

●総合血管病外来

 
午前 芹川 威
(第4休診)
芹川 威
(第4休診)
仲村 圭太
(第4休診)
伊元 裕樹 伊元 裕樹 野田 裕剛

循環器内科

イメージ:野口博生
循環器内科部長
野口 博生
福岡大学卒
資格:
医学博士、日本内科学会指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医、日本不整脈心電学会不整脈専門医、臨床研修指導医
所属学会:
日本内科学会、日本循環器学会、日本不整脈心電学会
コメント:
循環器科不整脈部門が専門分野です。主に福岡大学で不整脈を専門に10年間経験を積んできました。当院でも6年間さらなる実績を積みました。不整脈治療を薬物療法、非薬物療法を含め、全般的に行なっています。本年より3Dマッピングシステム(CARTOシステム)を導入し、カテーテルアブレーション治療の充実を計ります。
・カテーテルアブレーション 1000例以上
・ペースメーカー植え込み 470例以上
・ICD植え込み 68例以上
・CRT植え込み 17例
イメージ:芹川 威
循環器内科部長
芹川 威
福岡大学卒
資格:
医学博士、日本内科学会指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会施設代表医、日本心血管インターベンション治療学会専門医
所属学会:
日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本心臓病学会
コメント:
私は虚血性心臓病のカテーテル治療を専門としております。昨今の食生活の欧米化による心臓病は、年々若年化してきております。よってまずは病気を起こさないことが大事で有り必要あれば最新式の320列CTを駆使した動脈硬化の検出を行っています。症状や明らかな動脈硬化があれば積極的な治療を行っており、冠動脈内画像診断、さらには複雑病変にも対応します。他院で治療困難な症例も対応しますので安心して受診されてください。
イメージ:仲村圭太
循環器内科医長
仲村 圭太
琉球大学卒
資格:
日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、日本循環器学会循環器専門医
所属学会:
日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本内科学会
コメント:
平成18年7月より福岡和白病院勤務となりました。
循環器内科を専門としています。
イメージ:伊元裕樹
伊元 裕樹
佐賀大学卒
資格:
日本内科学会認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
所属学会:
日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本脈管学会、日本内科学会、日本冠疾患学会
コメント:
2011年1月より循環器内科の一員として働くこととなりました。
微力ながら一医師として頑張りたいと思いますので、どんな些細な事でもお尋ねください。
イメージ:野田裕剛
野田 裕剛
九州大学卒
所属学会:
日本内科学会、日本循環器学会
コメント:
全身を診させて頂きます。 また、患者様の病気だけでなく、1人1人の背景に気を配れるような診療をしていきたいと考えております。宜しくお願い致します。
イメージ:藤田一允
藤田 一允
九州大学卒
資格:
日本内科学会認定内科医
所属学会:
日本内科学会、日本循環器学会、本不整脈心電学会
コメント:
全身を診ます。また、病気だけでなく一人一人の患者さまの背景まで気を配るような診療をしていきたいと思います。

実績

1.心臓カテーテル検査・治療(CAG/PCI/EVT)実績
イメージ:心臓カテーテル検査(CAG/PCI)実績
虚血性心疾患に対するカテーテル治療は年々増加しており、2017年度は年間500件以上の治療を行い福岡市内ではトップクラスとなりました。
急性心筋梗塞に対する緊急治療は夜間、休日を問わず循環器内科専門医がいつでも対応しており、年間100例以上緊急PCIを行っております。また、通常のカテーテル治療が困難である石灰化病変に対するロータブレーター治療や、偏心性のプラークを切削するDCA(方向性冠動脈切除)を導入。また他院では治療困難と言われている慢性完全閉塞病変も積極的に取り組み90%以上の高い成功率を示しています。さまざまな冠動脈病変に対して幅広い治療法を施行可能であり、患者様にとって最適な治療を行うことができます。
通常上肢からのカテーテル治療を行っており、入院日数も1泊2日が可能となり負担の少ない治療が可能です。
イメージ:心臓カテーテル治療(EVT)実績
動脈硬化は心臓(狭心症や心筋梗塞)や脳(脳梗塞・脳動脈瘤など)だけに起きるわけではなく、全身に一様に生じることから、近年、血管病(=動脈硬化性疾患)という考え方が定着してきました。
末梢動脈疾患(下肢閉塞性動脈硬化症)という、足の血管に動脈硬化が起きた結果、最悪の場合は足を切断しなければなくなる病気が日本でも増加しています。当院では、以前よりカテーテルを用いた積極的治療(血管内治療=EVT)を行っており、現在では福岡市内トップクラスの治療経験を有しています。
下肢の冷感、しびれ、疼痛、或いは歩行時の下肢の症状があるかたは是非ご相談ください。
2.不整脈治療実績

年集計(1月‐12月)

  EPS
(電気生理
学的検査)
PSVT
(発作性
上室性頻拍症)
AFL
(心房粗動)
VT/VPC
(心室頻拍/
心室性期外収縮)
AT
(心房頻拍)
af
(心房細動)
その他
2010年 10 25 7 5 3 7 -
2011年 20 15 5 4 1 7 -
2012年 26 19 5 6 2 3 -
2013年 15 19 7 7 0 9 -
2014年 11 26 11 8 4 9 1
2015年 4 20 6 5 5 22 -
2016年 5 19 7 6 5 48 0
2017年 5 20 11 9 3 51 1
イメージ:EPS & Ablation 症例数
3.ペースメーカー

年集計(1月‐12月)

ペースメーカー
(新規)
ペースメーカー
(交換)
植え込み型
除細動器(ICD)
植え込み型
除細動器(ICD交換)
2010年 42112-
2011年 32157-
2012年 50188-
2013年 401784
2014年 431753
2015年 371462
2016年 351163
2017年 481375
心臓再同期
療法(CRT-P)
心臓再同期
療法(CRT-P交換)
除細動器付
心臓再同期療法
(CRT-D)
除細動器付
心臓再同期療法
(CRT-D交換)
その他
2010年 0-3--
2011年 2-1--
2012年 1-1--
2013年 1-42-
2014年 1-211
2015年 2-15-
2016年 22211
2017年 30301
イメージ:ペースメーカー等 実績
4.画像診断

年集計(1月‐12月)

  心臓CT 心臓MRI
2010年 829 9
2011年 794 19
2012年 959 28
2013年 1216 30
2014年 1010 37
2015年 877 44
2016年 1354 22
2017年 1590 24
以前より導入していた冠動脈CT検査ですが、当院では2000例に達する勢いとなってきました。最新型の320列CTを駆使し不整脈や息止め困難な患者様も検査可能です。造影剤や被爆も少ないのが特徴です。放射線技師、外来スタッフの尽力があり、来院日に撮像のみでなく結果説明まで可能であり1日で完結します。動脈硬化の早期発見は薬物療法から侵襲的な治療までのゲートキーパーとして重要です。
MRIは心筋症の診断のみならず、薬剤負荷MRIも開始しその可能性を今後探っています。
求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 後期研修医(専攻医)募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • ケアワーカー募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2018(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved