社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

電話 TEL 交通アクセス アクセス メニュー

社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

診療科・センター

乳腺外科

早期発見・早期治療が
治る確率を変える

私たちは、ひとりひとりに最適な治療方法を提案します。がん治療に不安はつきものです。不明な点はなんでもご相談ください。

日本人女性の乳癌が増加を続けています。罹患率では大腸癌を抜いて1位、30歳から65歳の年齢層では死亡率でも1位です。
福岡和白病院は平成17年5月に、日本乳癌学会専門医制度の認定施設に指定されました。福岡和白病院乳腺チームは、今後ますます早期発見・早期治療に力を入れたいと思います。

  • 乳腺外科部長

    久保田 博文

    くぼた ひろふみ

    出身大学 島根医科大学卒
    資格 医学博士、日本乳癌学会乳腺専門医、日本乳癌学会乳腺指導医、日本外科学会専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法暫定指導医、検診マンモグラフィ読影認定医師(日本乳がん検診精度管理中央機構)、乳房超音波認定医師(日本乳がん検診精度管理中央機構)、臨床研修指導医
    所属学会 日本外科学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本臨床腫瘍学会
    コメント わかりやすく説明に心がけ、安心して手術を受けていただくよう努力します。
    また、治療については、ガイドラインに沿った治療を心がけます。
  • 乳腺外科部長

    西山 康之

    にしやま やすゆき

    出身大学 熊本大学卒
    資格 日本外科学会専門医、日本乳癌学会指導医、日本乳癌学会専門医、臨床遺伝専門医、日本遺伝性腫瘍専門医、遺伝性腫瘍コーディネーター、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医師〈日本乳がん検診精度管理中央機構)、乳房再建用エキスパンダー実施医師、がんのリハビリテーション研修修了、緩和ケア研修修了
    所属学会 日本外科学会、日本乳癌学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床外科学会、日本人類遺伝学会、日本遺伝性腫瘍学会、日本HBOCコンソーシアム、日本オンコプラスティックサージャリ―学会、日本がん・生殖医療学会、日本乳癌検診学会
    コメント 乳がんの治療方法は、手術、薬物療法、放射線療法と多岐にわたります。また、治療の組み合わせや順番は、病状(がんのステージ・がん細胞の性質・それぞれの体調や取りまく環境)によって大きく変わってきます。私たちは、ひとりひとりに最適な治療方法を提案します。がん治療に不安はつきものです。不明な点はなんでもご相談ください。
  • (非常勤)

    古賀 淳

    こが すなお

    出身大学 九州大学卒
    資格 日本外科学会指導医、日本外科学会専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、、日本消化器外科学会認定医
    所属学会 日本外科学会、日本乳腺学会、日本消化器外科学会、日本乳腺甲状腺超音波会議(JABTS)

乳がんが増え続けています

福岡和白病院乳腺外科

福岡和白病院は平成16年4月乳腺外科を創設しました。 (担当:古賀淳、乳腺外科センター長、日本乳癌学会専門医、日本乳癌検診学会評議員・マンモグラフィA判定) また、平成20年1月からは久保田博文乳腺外科部長(日本乳癌学会専門医・評議員、日本乳癌検診学会、 マンモグラフィ・乳腺超音波診断A判定)、平成30年4月からは西山康之乳腺外科部長(日本乳癌学会指導医、日本遺伝性腫瘍専門医)を迎えました。
福岡和白病院乳腺外科は東区はじめ福岡東北部の市町村をあわせた広い地域からの多くの患者様の診断と治療を担当し、よい評価をいただいています。福岡和白病院乳腺外科の診療実績をご覧ください。

乳がんについて

乳がんは、30歳台後半から徐々に増加します。特に40歳からは多く発生するようになり、現在日本人女性の11人中1人は乳がんになると言われています。乳がん患者さんの平均年齢は58歳前後です。乳がんは若い人がかかる病気であるとなんとなく考えてしまいますが、30歳台より70歳台、80歳台のような高齢者の患者さんも多いことが特徴です。
症状としては、「しこり」と「乳頭分泌」がもっともよく見られる症状です。乳房の痛みを伴う乳がんは10%前後であり、痛みのないことがはるかに多いことを覚えておくべきでしょう。「痛みがないので、病院にいかない」、「痛みがないので、検診にいかない」という考え方はお勧めできません。
乳がんによる死亡率を低下させるための対策は、早期発見・早期治療です。乳がん検診には、市町村単位で行われる住民検診や職場単位で行われる職域検診があり、マンモグラフィによる検診が基本です。ただし、個々の乳房の状況によっては、乳房超音波(エコー)を併用することが勧められる場合もあります。マンモグラフィは、「石灰化」と言ってカルシウムの沈着を見つける能力がすぐれており、この検査によって手では触れにくい乳がんの発見が可能になる検査方法です。一方、乳房超音波(エコー)は「石灰化」をみつける能力はマンモグラフィに劣りますが、マンモグラフィでは指摘しにくい「小さなしこり」をみつける能力は、マンモグラフィに優ります。各々に特徴があり、どちらも優れた検査です。

当院での乳がんの治療成績

当院で治療された患者さんの発見動機別の治療成績をみたものが、図1です。10年生存率で示しています。これは治療を開始してから10年後に何人の方が生存しているかをパーセントで表したものです。検診発見患者さんでは10年後に96%の方が生存されているのに対し、非検診発見患者さん(自覚症状があって受診された患者さん)では81%でした。明らかに検診発見例のほうが治療成績が良好です。
次にステージ(進行度)別の治療成績をみたものが、図2です。10年生存率をみますと、ステージ0では97%、ステージ1で94%、ステージ2で88%、ステージ3で72%、ステージ4で18%であり、ステージが早期であればあるほど、治療成績は良好です。また、ステージ4は最も病状の進行した状態です。治療方法が進歩した現在、長期にわたり生存する患者さんもいらっしゃいます。

なぜ乳がんが増えているのでしょうか?

日本人女性の下記のような傾向が、乳がんの増加にかかわっていると考えられています。

  1. 食生活の欧米化に伴う日本人女性の内分泌環境、成長の変化
    早い初潮と遅い閉経、早い成長と体格の向上
  2. 社会環境の変化に伴う結婚、出産などの生理的因子の変化
    未婚の増加、結婚年齢・初産年齢の高齢化、少子化
  3. ライフスタイルの変化に伴う閉経後の肥満の増加
    高脂肪、動物性蛋白の過剰摂取と運動不足

外来受診者の検査について

まず問診カードに症状や生活歴を記載していただいた後、検査着に着替えて頂きます。 次に専門医による診察とマンモグラフィ、超音波検査を受けていただきます。 触診・マンモグラフィ・超音波の所見を総合し、診断をいたします。 新患の場合は、待ち時間が長くなり結果を後日ご説明しなければならないことがあります。 ご了承ください。病院での検査と治療の流れをご参照ください。
 

病院での検査と治療の流れ

和白病院乳腺チーム勉強会

毎月第1木曜日に乳腺外科に携わる医師・看護師・薬剤師・放射線技師・検査技師・理学療法士・栄養師・ 外来クラーク・研修医などが一同に会し勉強会を行っています。