社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

電話 TEL 交通アクセス アクセス メニュー

社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

診療科・センター

関節症センター

関節リウマチ、股関節、膝関節外科を中心とした関節症の治療を行っています。

膝・股関節外科においてはH19年に新しいリハビリであるPSTRエクササイズを開始して以来、“本当に必要な手術かどうかを適切に判断し、可能な場合は手術の回避・延期に務める”医療を行っています。

手術の回避・延期を目指した患者立脚型医療としての膝・股関節の新しいリハビリ治療を行っています。詳しくは下記をご覧ください。
 

はじめに

PSTRエクササイズの効果を期待できる結果が得られました。

PSTRエクササイズは、変形性股関節・膝関節症の手術の回避・延期を目指すエクササイズです。OARSI2021(2021年度 世界変形性関節症会議)でPSTRエクササイズについて発表しました。

※ PSTR:
Pericapsular Soft Tissue and Realignment(関節周囲軟部組織および再配列)

OARSI2021(2021年度 世界変形性関節症会議)2021.4.28〜5.1

【 OARSI(Osteoarthritis Research
Society International:世界変形性関節症会議) 】
OARSIは、変形性股関節・膝関節症の保存療法(リハビリなど)・薬物療法の基礎と臨床・再生医療・疫学・病態学(遺伝子研究が多い)に関する世界最大規模の学会で世界のガイドラインを発信しています。

ポスター発表

題名 NEW STRATEGY OF HOME EXERCISE TO PREVENT SURGERY FOR PATIENT WITH HIP OSTEOARTHRITIS AND A HARRIS HIP SCORE BELOW 60 POINTS
日本語題名 Harris Hip Score 60点未満の変形性股関節症患者の手術の回避のための新しいホームエクササイズの新戦略
発表者 林 和生(福岡和白病院 関節症センター)
発表形式 Poster / Rapid Fire Presentation、ポスター部門での口演(5分間)

口頭発表

題名 EVALUATION OF OSTEOARTHRITIS QUESTIONNAIRE CHECK LIST TO SELECT PAIN THAT CAN BE ALLEVIATED WITH EXERCISE IN PATIENTS EITH HIP OSTEOARTHRITIS AND HARRIS HIP SCORE BELOW 60 POINTS
日本語題名 Harris Hip Score 60点未満の変形性股関節症患者でエクササイズで改善する痛みを選択診断する「変形性関節症質問チェックリスト」の評価
発表者 角田 俊治(浅間総合病院 整形外科)
発表形式 シンポジウム出席、各演題を口演(10分間)し6演題終了後討論(1時間)

上記2演題の要約

  • Harris Hip Score(HHS:股関節の国際標準評価:正常100点)60点未満のような重度の変形性股関節症には従来の筋力増強訓練を主体とするエクササイズは効果はなく適応はないとされてきました。そして、重度の変形性股関節症はすべて手術の対象とされていました。
  • 今回、歩行不安定性の再調整を主体とするPSTRエクササイズをHHS60点未満の例(重度変形性股関節症)に行ったところ有意な症状の改善が得られ手術を回避・延期できました。
  • 関節軟骨が消失し「骨同士がぶつかった」例でもPSTRエクササイズによる有意な症状の改善が得られました。レントゲン上の軟骨の減少・消失は痛みとは直接の関係はないことが示唆されました。
  • PSTRエクササイズで症状を改善できるかどうかを予測する問診法および検査法の確立が今後取り組まれるべき課題と思われます。
この2演題を基に変形性股関節症と変形性膝関節症の診断と治療について「解説動画」を作成しましたのご覧ください。

変形性股関節症

エクササイズで改善する股関節痛(診断編)
エクササイズで改善する股関節痛(治療編)

変形性膝関節症

エクササイズで改善する膝痛(診断編)
エクササイズで改善する膝痛(治療編)

OARSI(世界変形性関節症会議)の組織委員に選出されました

OARSI(世界変形性関節症会議)から2020年9月に組織委員への就任の依頼が届き2020年10月から3年間、委員会活動を行うことになりました。今後は、変形性股関節・膝関節症の診断学・治療の抜本的改正を目指して普及活動を行っていきます。

ピックアップ

タイトル 英文原文 日本語訳
PSTRエクササイズについての論説がPhysiotherapy Research and Reportsに掲載されました。 英文原文 日本語訳
1077例のPSTRエクササイズの後ろ向き研究がJournal of Physiotherapy & Physical Rehabilitationに掲載されました。 英文原文
論文
Supplementary Information
日本語訳
国際ジャーナルActa Scientific Orthopaedics から Review Article(この分野の総説・総括)の投稿依頼があり Mini Review として掲載されました。 英文原文 日本語訳
国際ジャーナルJournal of Physiotherapy and Rehabilitationから投稿依頼がありNarrative based medicine(対話に基づく医療)の重要性が掲載されました。 英文原文 日本語訳
OARSI2015(世界変形性関節症会議)(2015.4.30〜5.3、於:米国、シアトル)で「PSTRエクササイズ」の臨床成績を発表しました。 英文抄録 日本語訳
2021年6月22日  林 和生
  • 関節症センター長

    林 和生

    はやし かずお

    出身大学 九州大学卒
    資格 医学博士、日本整形外科学会専門医(指導医講習会受講済み)、日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本リウマチ学会指導医
    所属学会 日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本股関節学会、西日本整形・災害外科学会
    コメント 膝・股関節外科においてはH19年に新しいリハビリであるPSTRエクササイズを開始して以来、“本当に必要な手術かどうかを適切に判断し、可能な場合は手術の回避・延期に務める”医療を行っています。
    ※PSTR エクササイズ:(Pericapsular Soft Tissue and Realignment:関節周囲軟部組織および再配列)エクササイズ。
    ★「PSTRエクササイズ」は、自宅で自分で行うホームエクササイズです。
    林センター長が開発した骨と結合するセラミックであるハイドロキシアパタイトをコーティングした人工股関節置換術はすでに臨床応用されていますが、長期成績において従来のセメント非使用(セメントレス)人工股関節より優れた成績を納め現在世界的に普及しています(1994年人工股関節の新しいデザインで米国特許取得)。
    関節リウマチについては、地域の先生との連携医療を基盤に生物学的製剤その他新しいリウマチ薬による治療も行っています。

新着情報

​​​​​

変形性関節症最大の問題点

国際ジャーナル掲載論文のまとめ

  • 当科初診前に手術と言われていた例を分析した結果、痛みは「関節面からの痛み」ではなく「関節外の軟部組織(靭帯・関節包・インナーマッスル)からの痛み」である例が多いという結果になりました。
  • 「関節外の軟部組織からの痛み」は、PSTRエクササイズで改善させることができました。「新着情報」をご覧ください。
  • 「関節面からの痛み」の場合には手術の対象になります。
  • Decontracture test(拘縮除去テスト)で初診時に手術回避が可能(関節外の軟部組織からの痛み)か不可能か(関節面からの痛み)を診断することができるようになりました。解説
  • 「PSTRエクササイズ」の適応(注1)
※(注1)次の疾患は、PSTRエクササイズの適応にはなりません。[大腿骨頭壊死/大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折/ぺルテス病/関節リウマチなどの炎症性疾患/感染性疾患]H19年から約10年間取り組んできたPSTRエクササイズの上記経験についてのエビデンスの検討を目的に、H29年8月より福岡和白病院関節症センターと長野県浅間総合病院整形外科で多施設共同前向き単群研究を開始しました。(UMIN登録番号000028277)

変形性股関節症

外来で遭遇する股関節痛には変形性股関節症、高齢者の大腿骨頭脆弱性骨折(急速破壊型変形性股関節症など)、大腿骨頭壊死などがありこの中で最も多いのが変形性股関節症です。

代表的疾患

代表的疾患 解説
変形性股関節症 解説
脆弱性骨折(急速破壊型変形性股関節症など) 解説
大腿骨頭壊死 解説
膝痛・腰痛で長く治療してもよくならないとき 解説

変形性股関節症の治療

保存的治療(PSTRエクササイズによる手術の回避・延期)

当科初診前に手術と言われていた例の80%-85%が症状改善し手術回避・延期しています。

【PSTRエクササイズの治療成績】
タイトル 英文原文 日本語訳
OARSI2015(世界変形性関節症会議)(2015.4.30〜5.3、於:米国、シアトル)で「PSTRエクササイズ」の臨床成績を発表しました。 英文抄録 日本語訳
 

手術治療

変形性膝関節症

外来で遭遇する膝痛には変形性膝関節症、膝骨壊死、高齢者の脆弱性骨折、半月板損傷などがありこの中で最も多いのが変形性膝関節症です。

代表的疾患

代表的疾患 解説
変形性膝関節症 解説
膝骨壊死・脆弱性骨折 解説
半月板損傷 解説 解説
膝痛・腰痛で長く治療してもよくならないとき 解説

変形性膝関節症の治療

保存的治療(PSTRエクササイズによる手術の回避・延期)

当科初診前に手術と言われていた例の80%-85%が症状改善し手術回避・延期しています。また、当科初診前にヒアルロン酸注入で改善しなかった多くの例でPSTRエクササイズにより症状改善しています。特徴は、痛みは「関節内の痛み」ではなく「関節外の靭帯・関節包からの痛み」である点です。

関節リウマチ

PSTRエクササイズ普及活動

整形外科健康教室のお知らせ

6月20日(土)開催予定の第31回福岡和白病院整形外科健康教室を延期します。決まり次第お知らせします。新型コロナウイルスに動向によっては、ホームページ・フェイスブックにて再度延期または中止のお知らせをすることもありますのでご了承ください
タイトル 膝・股関節痛を軽減させる脚底板療法と靴の選び方 ─米国足病医学で開発されたインソール(足底板)紹介と靴の医学について─
日程 決まり次第お知らせします。
時間 午後13:00〜15:30まで(12:00に受付開始) 12:30よりビデオ上映
会場 福岡和白病院2階会議室
参加費 無料

研究業績

賞罰

  • 平成5年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞受賞
  • 1994年人工股関節の新しいデザインで米国特許取得(United States Patent,5314488)

役職

  • 2017- Editorial Board, Journal of Clinical Investigations and Studies
  • 2017- Editorial Board, Journal of Clinical Trials in Degenerative Diseases

研究論文

リンク集