社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

電話 TEL 交通アクセス アクセス メニュー

社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

診療科・センター

放射線診断・治療センター

業務の場を総合診療救急科に隣接した1Fの広いスペースに持ち、救急活動へも迅速に対応できる体制を常時整えています。あらゆる患者さまへの「高水準の検査、診断、治療」を行えるよう、最先端の医療機器を導入し、診断、技術レベルの向上に努めています。
また地域との密着性を重視しており、近隣開業医の先生方へ全装置を開放しています。快くご利用していただけるよう患者さま、先生方のご都合に合わせ、紹介患者さまの受け入れ体制を整えています。

  • 放射線診断・治療センター長

    本間 穰

    ほんま ゆたか

    出身大学 山口大学卒
    資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本核医学会PET核医学認定医、医学博士
  • 放射線診断部長

    竹吉 正文

    たけよし まさふみ

    出身大学 福岡大学卒
    資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本医学放射線学会研修指導医、日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医、日本核医学会 PET研修セミナー履修医、臨床研修指導医
    所属学会 日本医学放射線学会、日本インターベンショナルラジオロジー学会、日本核医学会、日本放射線科専門医会、リザーバー研究会、European Society of Radiology(ESR)
    コメント カテーテルを使用した血管内治療(IVR(画像下治療))やCTやMRIなどの画像診断を、腹部を中心に担当いたします。救急疾患や腫瘍性病変、血管病変などの診断・治療を通して、地域医療に貢献できる様取り組んでまいります。
  • 放射線診断部長

    上野 雅子

    うえの まさこ

    出身大学 佐賀医科大学卒
    資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本医学放射線学会研修指導者、日本核医学会PET核医学認定医、検診マンモグラフィ読影認定医師(日本乳がん検診精度管理中央機構)
    所属学会 日本医学放射線学会、日本核医学会、日本磁気共鳴医学会、日本放射線科専門医会
    コメント 的確な画像診断を行い、皆様に信頼される様な放射線科医を目指しています。どうぞよろしくお願いいたします。
  • 放射線診断医長

    江本 拓也

    えもと たくや

    出身大学 山口大学卒
    資格 医学博士、日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本医学放射線学会研修指導者、検診マンモグラフィ読影認定医師(日本乳がん検診精度管理中央機構)、肺がんCT検診認定医師(肺がんCT検診認定機構)、日本核医学会核医学専門医、日本核医学会PET核医学認定医
    所属学会 日本医学放射線学会、日本核医学学会、日本IVR学会、日本肺癌学会
  • 放射線治療医長

    中野 敬太

    なかの けいた

    出身大学 産業医科大学卒
    資格 日本医学放射線学会放射線治療専門医、日本放射線腫瘍学会専門医、肺がんCT検診認定医師(肺がんCT健診認定機構)
    所属学会 日本医学放射線学会、日本放射線腫瘍学会、日本小児放射線学会
    コメント 悪性腫瘍に対しての放射線治療を専門に診療を行っています。宜しくお願いします。
  • 田代 城主

    たしろ くにゆき

    出身大学 熊本大学卒
    資格 医学博士、日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本核医学会核医学専門医、日本核医学会PET核医学認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    所属学会 日本医学放射線学会、日本核医学会、日本IVR学会
    コメント 皆さまが安心して検査を受けられるよう努力致します。どうぞ宜しくお願い致します。
  • 菊池 拓紀

    きくち ひろのり

    出身大学 愛媛大学卒
    資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医、日本核医学会PET核医学認定医、検診マンモグラフィ読影認定医師(日本乳がん検診精度管理中央機構)
    コメント 画像診断や血管内治療(カテーテル治療)を行っています。地域の皆様に貢献できるよう尽力して参りますので宜しくお願い致します。

最先端の医療機器

ハイブリッド手術室

当院では、多様化する心臓・脳・血管系疾患に、より低侵襲に対応するため平成26年4月からハイブリッド手術対応血管撮影装置(島津製作所製)が稼働しています。
このシステムを用いて、胸部・腹部大動脈瘤に対し外科手術による治療だけでなく、カテーテルを用いたステントグラフト治療も行っています。この方法では胸部や腹部を切開することなく治療が行え、患者様の侵襲を最小限に抑えることが可能です。
また、カテーテル治療による大動脈弁置換術(TAVI)を行っています。

DSA(デジタル・サプトラクション・アンギオグラフィー)

脳・心臓から四肢にいたるまで、全身の血管を細部までくまなく描出することを可能とした装置です。また、描出だけに留まらず脳血管障害、心筋梗塞ならびに交通外傷等に対する最先端「血管治療」にも威力を発揮します。
 
心臓用 2台
頭部用 1台
腹部・下肢 1台

放射線治療装置 リニアック

  • IMRT(強度変調放射線治療)
  • IGRT(画像誘導放射線治療)
  • 治療計画CT同室の放射線治療機器
リニアックで利用する放射線は、直線上の電磁場内において電子を加速させ、それを金属にぶつけることによって生み出される高エネルギー放射線を使用します。当院のリニアックでは病気の種類や場所(深さ)によってエネルギー強度を任意に変更できエックス線、電子線などの放射線を使い分けることで適切な治療が行えます。

マルチスライスCT(320列)

高度医療を行う上で、欠かすことのできない画像診断装置となった現在。世界最高レベルの320列,80列の装備の装置を2機導入。通常診療から救急疾患にいたるまで「早期確定診断」に威力を発揮します。

乳腺撮影装置 マンモグラフィ

乳房専用の撮影装置です。触っても判らないような早期の小さな乳がんや、しこり(腫瘤)を作らない乳がんを発見することができます。当院装置ではトモシンセシス(3Dマンモグラフィ)も追加で行うことができます。従来のマンモグラフィでは、病変と周囲の組織が重なり病変が見えにくくなる欠点がありましたが、トモシンセシスでは、細かく画像の確認ができ重なりが少ない画像を得ることが可能なため、病変の抽出能が向上します。被ばく量に関しましても、極端に増えることなく行えます。検査時間は10分から15分程度(従来の半分)です。

MRI(磁気共鳴画像)

最新・高水準3テスラ,1.5テスラの装置を3機導入し、24時間いつでもあらゆる部位の検査を可能とします。最新システムにより、全身の各臓器・血管形態はもとより、心臓、心血管に対しても非侵襲的に描出することを可能としています。

ガンマカメラ(R・I:ラジオ・アイソトープ)

あらゆる臓器の検査が可能です。特に脳・心臓疾患の診断に威力を発揮します。
RIとは、放射線(γ線)をある一定期間放射し続ける物質のことで、検査に応じた薬品をこれと結合させ、体内に投与します。体内で特異的に集まったRIから、特殊な検出装置を用いて微量放射線を検出し、画像化します。

その他

機器
  • 骨密度測定装置
  • X線TV-DR装置
  • 一般X線撮影装置
  • X線ポータブル撮影装置
関連装置
  • PET-CT
  • RI