社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

電話 TEL 交通アクセス アクセス メニュー

社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

診療科・センター

膠原病内科

治療には副作用を考慮しながら、慎重かつ強力に進めます。

膠原病は、防御機構としての免疫能がずれてしまって、守るべき自己に対する抗体(自己抗体)を作ったり、自己を攻撃する白血球(自己反応性リンパ球)を形成し、臓器障害を来す疾患群です。

ヒトは、体外から侵入してくる外敵(非自己)を、抗体というタンパクや白血球で排除して身を守ります。膠原病は、防御機構としての免疫能がずれてしまって、守るべき自己に対する抗体(自己抗体)を作ったり、自己を攻撃する白血球(自己反応性リンパ球)を形成し、臓器障害を来す疾患群です。この自己免疫性臓器障害が関節で起こるのが関節リウマチ、皮膚で起こるのが強皮症、筋肉で起こるのが多発性筋炎、全身血管で起こるのが多発動脈炎、全身主要臓器で起こるのが全身性エリテマトーデスと考えられます。病変は標的臓器に限らず多岐に及ぶこともあり、検査は全身に亘ります。治療には自己免疫現象を押さえ込むための免疫抑制療法が主であり、副作用を考慮しながら、慎重かつ強力に進めます。

  • 膠原病内科部長

    兼岡 秀俊

    かねおか ひでとし

    出身大学 九州大学卒
    資格 日本内科学会認定医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本病態栄養学会専門医・研修指導医
    所属学会 日本内科学会、日本リウマチ学会、日本病態栄養学会
    コメント 九州大学を卒業して45年になります。臨床は膠原病の診療を中心に、膠原病の臓器病変の代表である腎疾患、腎疾患の代表的治療法である透析療法についても研鑽を積んできました。また、福岡大学病院で栄養部長を12年間務めたこともあり、内科における栄養療法についても勉強しています。