社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

電話 TEL 交通アクセス アクセス メニュー

社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

診療科・センター

腎臓内科

慢性腎臓病の患者さま方と一緒に日夜診療に励みたいと思います。

現在、慢性の透析患者数は全国で33万人(2019年現在)を超えています。当科の治療方針の第1は慢性腎臓病(CKD)の患者さまをいかに透析に至らないように回避することだと考えています。

  • 腎臓内科部長

    長野 善朗

    ながの よしろう

    出身大学 福岡大学卒
    資格 日本内科学会指導医、日本内科学会認定内科医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医、日本透析医学会認定医
    所属学会 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会

施設認定

  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会専門医制度認定教育関連施設

腎臓内科の主な対象疾患

糸球体腎炎、ネフローゼ症候群

糸球体腎炎やネフローゼ症候群には、必要に応じ腎生検による診断と治療を行っています。

慢性腎臓病(CKD)、末期腎不全

慢性腎臓病(CKD)については、慢性腎不全保存期には薬物療法や生活・食事指導を行い、末期腎不全には内シャント作製から血液透析療法への導入、また外来維持血液透析も施行しています。他院で維持血液透析中に合併症を来たした場合には該当する各科に紹介していただき、主治医と連携しながら透析療法の継続を行います。また必要に応じ、持続血液浄化の他に血漿交換、免疫吸着、LCAP、その他の血液浄化療法(アフェレシス)が実施できる体制をとっています。
 

人工透析センター

実績

経皮的腎生検症例数および組織分類

  症例数
IgA腎症 15例
膜性腎症 7例
微小変化群 6例
半月体形成性腎炎 3例
合計 31例

(2014年〜2018年)

全透析患者数

  患者数 年間導入数
2014年 121 9
2015年 117 21
2016年 120 16
2017年 134 18
2018年 137 16

導入患者の主要原疾患

原疾患 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
糖尿病性腎症 4 13 9 8 9
慢性糸球体腎炎   2 2 1 3
腎硬化症 3 6 3 6  
多発性嚢胞腎         1
慢性腎盂腎炎          
急性進行性糸球体腎炎          
SLE腎炎          
不明 2     1 1

全透析患者の主要原疾患

原疾患 2015年 2016年 2017年 2018年
糖尿病性腎症 61 64 64 66
慢性糸球体腎炎 23 24 27 34
腎硬化症 17 19 20 18
多発性嚢胞腎 2 2 2 3
慢性腎盂腎炎 1 1 1 0
急速進行性糸球体腎炎 0 0 1 0
SLE腎炎 0 0 0 0
不明 2 2 3 3