HNVCのご案内

福岡和白病院HNVC(心臓・脳・血管センター)日帰り下肢レーザー治療外来

 近年、高齢化、ライフスタイルの欧米化、糖尿病人口の増加に伴い生活習慣病としての動脈硬化性疾患が増加しています。2010/2011年版の国民衛生の動向によると、日本人の主要死因は、1位は悪性新生物(30.1%)、2位は心臓病(15.8%)、3位は脳血管疾患(10.7%)です。最近ではさらに、大動脈瘤や下肢動脈閉塞などの末梢動脈疾患も増加しています。心臓病とこれらの血管の病気をあわせると死亡原因としては悪性新生物に匹敵します。欧米ではすでに心臓・血管病は死亡原因の1位です。このように、我が国においても心臓・血管病の時代を迎えつつあるといっても過言ではありません。
 血管病とは、脳では脳動脈瘤や頸動脈狭窄、心臓では狭心症や心筋梗塞、大動脈瘤、末梢動脈閉塞などの全身の動脈硬化症の結果起こる血流障害を指します。

血管病の特徴

 HNVC 福岡和白病院 心臓・脳・血管センター(Heart&Neuro-Vascular Center)は、血管病に携わる診療科が一つのチームとして活動します。


福岡和白病院HNVC(心臓・脳・血管センター)日帰り下肢レーザー治療外来

HNVCでは、以下の患者様を対象に診察します。

 

①糖尿病・高血圧・高脂血症・喫煙・肥満・家族歴などの危険因子が多く血管病の状態が心配な方。
②過去に狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症などの病気があり他の血管病が心配な方。
③過去または現在、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症などの病気を起こし、
今後他の血管病の進行を定期的にみていかなければならない方。


総合血管病外来