社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

電話 TEL 交通アクセス アクセス メニュー

社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
Fukuoka Wajiro Hospital

心臓・脳・血管センター

IVR

IVR(interventional radiolgy)とは

IVR(interventional radiolgy)とは、体内を透かして観察できるX線装置(レントゲン)や、CTあるいは超音波(US)装置などを使用しながら、カテーテルと言われる細い管を体表から血管内に入れ、病変部を血管内から治療したり、病変部に直接針を刺して治療したりする方法(治療や診断)の事を言います。日本語では「画像下治療」と訳されています。

手術の様にお腹や胸などを切る必要が無いため、体にとって非常に負担が少なく迅速に行える治療と言えます。現在では様々な臓器に血管内治療(IVR)が活用されており、脳血管や心臓、大動脈、肝臓、四肢・体幹の血管などへの治療法が確立されています。当院でも心臓・脳・血管(HNVC)センターとして様々なIVRによる治療を施行しています。

放射線科では救急外来を有する当院の特徴もあり、外傷(臓器損傷・出血)などの救急疾患に対するIVRに365日・24時間対応しています。また2名がIVR専門医資格を有しており、救急疾患以外にも血管内カテーテルを使用した癌の血管内治療や、内臓動脈瘤・動静脈奇形・門脈大循環短絡などの血管内治療も行っています。またCTや超音波装置(US)を使用した、ガイド下治療(生検)も実践しています。

当院の放射線科では次の様なIVRが施行可能です

  • 出血に対する動脈塞栓術(TAE:カテーテルを使用した経動脈的塞栓術)
    骨盤骨折、肝臓・脾臓・腎臓損傷、消化管、肺(喀血)など
  • 癌(肝細胞癌:HCC)に対する血管内治療(TACE:経動脈的化学塞栓術)
  • 肝臓癌に対する門脈塞栓術(TIPE:経回結腸門脈塞栓術)
  • 癌に対する動注リザーバー留置術
  • 癌治療に対するCV(中心静脈)ポート造設術
  • 内蔵動脈瘤塞栓術
  • 部分脾動脈塞栓術(PSE)
  • 腎動静脈瘻塞栓術
  • 肺動静脈奇形(PAVM)塞栓術
  • 胃静脈瘤塞栓術(B-RTO:バルーン閉塞下逆行性経静脈塞栓術)
  • その他の門脈大循環短絡に対するB-RTO
  • 副腎静脈血サンプリング
  • カルシウム動注試験(SACIテスト)
その他でも、ご相談ください。

治療の紹介

TAE(経動脈的塞栓術)

脾損傷に対するTAE
TAEは大腿部からカテーテルという細い管を血管内に挿入し、目的とする臓器(シェーマでは脾臓)まで到達させ、血管内から血止めなどの治療を行う方法です。
事故などでお腹の中の臓器(肝臓や脾臓、腎臓など)が破裂してしまうと、その場所からお腹の中に大量の出血が起こり命に関わる場合もあります。この様な場合にカテーテルを血管内に挿入して、損傷した臓器の破れて出血している血管を治療する事ができます。

脾臓損傷の症例

脾臓は外傷後で断裂し、造影剤の血管外への漏出像(出血)が見られる
TAE(経カテーテル的動脈塞栓術) 
出血①、②に対して、それぞれカテーテルを進めて止血術を施行した
TAE(脾臓損傷):塞栓術後は止血が得られた

TACE(経動脈的化学塞栓術)

肝細胞癌に対するTACE
TACEは大腿部からカテーテルという細い管を血管内に挿入し、肝臓まで到達させ、血管内から肝細胞癌の治療を行う方法です。
肝臓の癌は特殊な血液の流れがあるため、周囲の正常な肝臓を傷付けずに癌だけを治療する事ができます。癌の大きさや数、患者さんの肝機能の状態にもよりますが、肝臓癌の近くの血管から抗がん剤と血管を詰めてしまう塞栓剤をカテーテルから注入して治療する事ができます。

肝細胞癌の症例

造影CTで、肝臓に造影増強する肝細胞癌が描出されている(左図)。肝臓の血管を抽出した3D像では、肝細胞癌を形作る血管が描出されている(右図)。

カテーテルからの血管造影では肝細胞癌が描出されている(左図)。癌の近くの血管までカテーテルを進めて、治療を施行した(右図)。

治療前(左図)に描出された肝細胞癌に、治療後(右図)では抗がん剤と塞栓剤の混合液が良好に貯留しており効果が期待できる。

B-RTO(バルーン閉塞下逆行性経静脈塞栓術)

胃静脈瘤に対するB-RTO
B-RTOは大腿部から風船付きのカテーテルという細い管を血管内に挿入し、静脈瘤の出口まで到達させ、風船を膨らませて出口を塞いだ後に血液を固める薬を血管内に注入して静脈瘤を潰してしまう治療です。
胃の静脈瘤は肝臓が悪い時にできる事が多い病気ですが、破裂して出血する危険性があります。また破裂してしまうと命に関わる場合もあるため、見つかった場合は大きさや色や形を見て治療のタイミングを決める必要があります。

胃静脈瘤の症例

造影CTで、胃の穹窿部から内腔に突出する静脈瘤が描出されている(左図)。血管造影では、脾臓の静脈系からCTで見られた静脈瘤が描出された(右図)。

胃静脈瘤(左図)に対して、下大静脈から静脈瘤の出口にバルーン(風船)カテーテルを挿入した。その後、風船を膨らませて出口を塞ぎ、逆行性に薬を注入した(右図)。薬液が静脈瘤全体に停滞しており、良好な治療効果が期待できる。

治療前の造影CTで描出された胃静脈瘤は、B-RTOにより血が固められ血流が消失した。(その後の経過では次第に小さく消えていった)

肺動静脈奇形(PAVM)

肺動静脈奇形に対する塞栓術
肺動静脈奇形(PAVM)は、肺の中で別々の血管(動脈と静脈)が繋がっている状態で、ほとんどが生まれた時からあるものです。肺の動静脈奇形があると、それが大きなサイズであれば肺動脈から繋がった肺静脈に方に細菌や血の塊などが流れて行き、それが心臓から脳などの全身の臓器に飛ばされてしまう危険性があります。そのため脳梗塞や脳膿瘍などの非常に重篤な病気を引き起こすリスクがあります。
肺動静脈奇形の塞栓術は、大腿部からカテーテルという細い管を心臓を経由して肺の異常血管まで到達させ、血管内から動脈と静脈の交通を遮断して治療する事ができます。

肺動静脈奇形(PAVM)の塞栓術

造影CT(左図)では、左肺上葉に動脈と静脈の直接吻合(肺動静脈奇形(PAVM))を認めた。左肺動脈からのカテーテル造影(右図)で、同病変(PAVM)を描出した。

動静脈奇形に繋がる血管にカテーテルを進めていき、動脈と静脈の交通を金属コイルという血流を遮断する塞栓器具を使用して分断した。

塞栓術後の血管造影では、金属コイルによって静脈への交通が遮断され、PAVMが消失した。

血管内IVR実績

2017年
待機症例
(5例)
肝細胞がん(TACE) 3例
肺動静脈奇形塞栓 1例
脾嚢胞内出血精査 1例
救急及び準救急症例
(17例)
消化管出血 5例
喀血 4例
肝腫瘍破裂 2例
肝損傷 1例
腎損傷 1例
脾損傷 1例
外傷性胸壁出血 1例
医原性横隔膜損傷 1例
大腿動脈仮性動脈瘤 1例
合計 22例
2018年
待機症例
(7例)
肝細胞がん(TACE) 3例
門脈塞栓(TIPE) 3例
消化管出血 1例
救急及び準救急症例
(25例)
肝損傷 5例
骨盤骨折 5例
消化管出血 3例
腹腔内・後腹膜出血 2例
脾損傷 5例
肝腫瘍破裂 1例
肝仮性動脈瘤 1例
血胸 2例
腸間膜出血 1例
合計 32例
2019年
待機症例
(11例)
肝細胞がん(TAI or TACE) 5例
肝細胞がんの血流変更術 1例
肝細胞がんの動注リザーバー留置 1例
カテ先確認 1例
肝切除術前の門脈塞栓術(TIPE) 1例
脾腎短絡(高拍出性心不全)に対するB-RTO 1例
肺動静脈奇形塞栓 1例
救急及び準救急症例
(32例)
骨盤骨折 6例
肝細胞がん破裂(外傷性を含む) 3例
腎血管筋脂肪腫破裂 3例
肝損傷 3例
脾損傷 3例
腎損傷 1例
喀血 3例
腸間膜出血 2例
胃がん術後(ESD)出血 1例
十二指腸出血 1例
大腸憩室出血 1例
特発性大網出血 1例
膵仮性動脈瘤出血 1例
腹腔内出血 1例
腹壁出血 1例
筋層内出血 1例
合計 42例
2020年
待機症例
(8例)
肝細胞がん(TACE or TAE) 2例
肺動静脈奇形塞栓 3例
脾損傷 1例
空腸動脈瘤 1例
臀部から大腿出血 1例
救急及び準救急症例
(22例)
骨盤骨折 4例
膵動脈瘤破裂 3例
脾損傷 2例
肝細胞がん破裂 2例
後腹膜出血 2例
肝損傷 1例
喀血 1例
十二指腸憩室出血 1例
胃GIST破裂 1例
大腸憩室出血 1例
術後腹腔内出血 1例
特発性腎出血 1例
外傷性鼻出血 1例
メッケル憩室出血 1例
合計 30例
2021年
待機症例
(13例)
肝細胞がん(TACE) 3例
膵腫瘍 2例
膵仮性動脈瘤(TAE) 1例
膵周囲真性動脈瘤(TAE) 1例
胃十二指腸動脈(TAE) 1例
胃静脈瘤(B-RTO) 1例
門脈塞栓術(TIPE) 1例
特発性腎出血(TAE) 1例
原発性アルドステロン症(AVS,S-ATS) 1例
大腸虚血(MIVOD疑い) 1例
救急及び準救急症例
(25例)
膵周囲仮性動脈瘤破裂 5例
消化管出血 5例
外傷 4例
腫瘍破裂 3例
筋層内出血 3例
後腹膜出血 2例
腹腔内出血 1例
下腹壁動脈損傷 1例
前立腺尿道部出血 1例
合計 38例