社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

脳神経センター

脳神経センター

イメージ:福山 幸三
脳神経センター長
福山 幸三
コメント:
昭和62年に開設された脳神経外科に加えて、平成17年4月から神経内科が開設しました。平成17年10月からは 整形外科と共同して新たに脊髄脊椎外科部門が独立しました。脳神経疾患全般に対して、救急から専門治療、 リハビリテーション、介護支援、脳ドック、健康教室まで、脳の健康に関するあらゆるニーズに応えていくた めに、全力で診療にあたります。
脳神経センターの診療実績はこちら

特徴・機能の紹介

スピードが命
tPA時代の脳卒中治療は、一分でも早く、詰まった血管を再開通させて、脳に酸素を供給することが大切です。救急車からのプレアライバルコール(事前連絡)に始まり、脳卒中治療スタッフはスクランブルスタンバイし、病院到着からtPAの最初の一滴を注入するまでの時間短縮に集中しています。tPA投与終了時には、直ちに再開通の達成を評価します。非再開通症例と4.5時間以上経過している症例では、経皮的血栓除去術、経皮的血管形成術など、セカンドライン、サードラインの治療法で、可能な限り積極的に、血行再建に取り組んでいます。ハイリスクな血管病変に対しては、バイパスや血栓内膜摘除、ステント留置を、積極的に導入しています。
低浸襲であること
21世紀最初の10年間で、脳神経疾患の診断・治療は大きく変化しています。定位放射線治療、血管内治療、内視鏡手術、ニューロモデュレーションに代表される新時代の治療に共通するのは『低侵襲であること』。機能障害や痛みに対して、安全に、確実に、迅速に対応いたします。痛くない治療、早くよくなる治療、合併症や後遺症の少ない治療を第一に心がけています。聴神経腫瘍や下垂体腫瘍、三叉神経痛や顔面けいれんには、複数の治療法が存在します。常に、ニュートラルな立場で治療法を呈示して、患者様と十分に話し合いながら、治療法を選択しています。
ハイブリッド手術室で安全第一
平成24年に、17インチの血管造影が可能なクリーンルーム、ハイブリッド手術室が利用可能になりました。従来のCアームによる術中DSAに比較して、より精細で広範囲の術中血管造影が可能になりました。蛍光顕微鏡による蛍光血管造影と合わせて、動脈瘤手術やバイパス手術はもちろん、脳動静脈奇形や頚部開創による直視下CASに、その真価を発揮しています。顕微鏡の接眼レンズには視野外モニターを装着し、顕微鏡下の手術であっても、常時、リアルタイムに内視鏡やナビゲーション画像、誘発筋電図の波形を監視できます。視線の移動だけで、術野とモニターを確認することができるので、安全かつ迅速に手術を進めることが出来ます。
コイル or クリップ?
脳動脈瘤の血管内手術と開頭手術の治療実績は、2010年は1:2でしたが、2014年には2:1。コイルか、クリップか。この10年間の脳血管内手術の進化と普及は、世界中の脳神経外科医にとって、劇的なパラダイムシフトをもたらしました。動脈瘤の部位や形状によって治療リスクを個別に評価するとともに、患者様の希望に出来る限り沿える治療法を選択していきます。複数の脳神経外科医、脳血管外科医(脳神経血管内治療学会専門医)がリスク評価を行い、充分な検討を行った上で、インフォームドコンセントを行っています。
CAS or CEA?
頸動脈狭窄に対するカテーテル治療(CAS:頚動脈ステント留置術)、外科治療(CEA:頚動脈血栓内膜摘除術)の選択は、テーラーメードです。充分なリスク評価とスタッフ間の検討の後に、患者様と共に話し合いながら、ベストな治療法を選択しています。2010年の治療実績は、CAS:CEAは1:1でしたが、2014年には3:1。CEAの実数が減少したのではなく、CAS治療症例が増えています。このことは、基礎疾患である生活習慣病の増加、CASの技術革新による治療可能症例の増加の影響が考えられます。さらに、それぞれの治療のリスク評価が成熟したために、CEAハイリスク病変にはCAS、CASハイリスク病変にはCEA、CEA・CASともに安全に行える病変には、患者様のご希望の応じて治療法を選択しています。
待つことも治療のうち
脳動脈瘤や頚動脈狭窄に対する治療だけでなく、脳腫瘍、脳動静脈奇形、モヤモヤ病・・・脳神経疾患には、無症状で発見されることもあります。脳卒中の治療が、『スピードが命』であることとは裏腹に、治療が必要かどうか、充分な検討が必要な疾患も少なくありません。開頭手術、血管内治療、定位放射線治療を、常時行える体制をスタンバイしています。それと同時に、本当に今、治療が必要であるのか?あと何ヶ月、あと何年くらいなら待てるのか?待っているうちに新しい治療法が見つかる可能性はないのか?十分に検討して、患者様と共に治療法と治療時期を考えています。たとえば脳動脈瘤が発見された場合。年間5000件を超える脳ドックでは毎年150名を超える脳動脈瘤が発見されます。そのうち治療を受けられたのは10%でした。90%の方は、定期的に経過観察しているのが現状です。
技術と知識と理解
<technical skill, scientific knowledge, human understanding>
手術技術向上のために、2ヶ月に一度、福島孝徳先生の手術指導を受けています。毎年、渡米して頭蓋底外科実技研修会に参加しています。手術だけで病気の治療が終わるわけではありません。疾患を治すだけでなく、元気な身体と心を取り戻すまで、お付き合いして参ります。一日も早く『元通りの身体』『元の生活』『元の仕事』に復帰するために、あらゆるお手伝いを行なっています。健康教室にはじまり、健康診断、救急医療、専門的治療、早期リハビリ、在宅復帰支援、訪問診療、施設介護にいたるまで、脳の健康に関することなら、あらゆるご相談をお伺いすることが出来ます。セカンドオピニオンや転院先の相談など、お気軽にご相談ください。
求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 後期研修医(専攻医)募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2017(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved