社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
RECRUITMENT

ENTRY

看護師

部署紹介

総合診療救急科

緊急度・重症度・優先度を判断し対応できるトリアージ能力の高い看護師を育成しています。

福岡和白病院総合診療救急科には初期診療を専門とする医師と看護師が24時間356日常駐しています。また、医師と看護師のみならず当科担当の事務、他職種の検査スタッフと共に連携を取りながら夜間でも必要な検査や治療ができる体制を整えています。なお、月平均350件以上に及ぶ救急車での搬入患者様だけでなく、昼夜外来受診をされた患者様に対しても当科にて診療、検査を行っています。そのため、いつでもどのような患者様が来院されても対応できる能力と準備を整えてお待ちしています。
また、待ち時間の短縮と接遇面に重点を置き、専門的知識のみならず患者様が満足し安心して受診できるよう努めております。

総合外来

総合外来は29診療科の専門外来で質の高い医療サービスを提供できるよう努力しています。

1F総合案内では、トリアージナースが対応し、受診科の相談ならびに医療相談を受け、患者様の声に耳を傾けるよう心がけています。専門外来では医師、看護師、視能訓練士、メディカルクラークの連携のもとで、患者様とのコミュニケーションを大切に外来診療の補助や検査介助を行っています。また、待ち時間対策として、待ち時間の表示を行い、経過をお伝えする事で少しでも患者様の負担を軽減できるよう努力しております。
福岡和白病院の顔として笑顔を忘れず、日々目配り、気配り、心配りに努めてまいります。

ICU

急性期高度医療と質の高い看護を提供できるようスタッフ一同日々努力しています。

ICUは18床のベッドを有し診療科を問わず集中治療を行う病棟です。脳血管・心臓・消化器・呼吸器・泌尿器などの手術を受けられる患者様、また特殊治療後や呼吸不全・膵炎や消化管出血・外傷で救急搬送される患者様など、様々な急性期疾患の患者様を受け入れる病棟です。そのため、ICUは2:1の看護体制で患者様を受け持たせていただいています。
重症患者様の受け入れから日常生活の援助・リハビリまで、高い知識・技術と患者様への思いやりの心を持って、患者様・御家族様と共に治療・看護を実践していきたいと思います。

HCU

医師と共にスタッフ一同質の高い集中看護を提供できるように日々努力しています。

HCU病棟は個室エリア9室、オープンエリア7室の16床で運用しています。そのうち、個室3室が陰圧室(陰圧により空気を室外へ排出するシステム)です。陰圧室以外の個室にはクリーンパーティションというヘパフィルター内蔵の空気浄化機器を設置し、常時換気が可能な環境で新型コロナウィルス感染症疑いの患者様を受け入れています。新型コロナウィルスPCR検査中の患者様に対しては個人防護具を着用して対応し、他の患者様や病院スタッフ自身の感染予防に努めています。また、オープンエリアでは、標準感染予防策をしながら脳卒中や心不全、肺炎の患者様など看護度の高い患者様を受け入れております。
身体的・精神的苦痛が生じてしまう状況の中で、できるだけ安心して治療を受けていただけるよう、また苦痛を最小限に止め、より良い看護が提供できるよう日々尽力しています。

4F

各自のスキルアップに努め患者様に寄り添った看護が提供できるよう日々努力しております。

4A病棟は心臓血管外科と循環器内科の病棟です。
当部署は、冠動脈疾患・不整脈疾患・心不全・下肢動脈閉塞の内科疾患に加え、弁膜症や冠動脈バイパス術など、手術前後の患者様が多く入院され、急性期から慢性期・終末期と幅の広い看護実践を展開しています。年間1200例以上の心臓カテーテル検査・治療に加え経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)・左心耳閉鎖システム(WATCHMAN)など最新の治療も実施しています。私たち看護師は、医師や慢性心不全看護認定看護師と共に循環器疾患の治療やケアに関する学習会を定期的に実施し、教育に力を入れると共に、患者様により良いケアを実践するために毎日のカンファレンスや医師・リハビリテーションスタッフ・管理栄養士・MSWなどと連携しチーム医療を推進しています。

5F

『患者様の生活だけでなく、心まで支える看護』をめざして。

脳神経疾患では周術期をはじめ、血管内治療、γナイフ療法を受ける患者様の看護、また眼科疾患では白内障や網膜疾患の手術を受ける患者様の看護支援を行っている病棟です。意識障害、麻痺、構音障害、視力障碍のある患者様も多くご入院されています。
回復期病棟におけるリハビリ支援や各種サービスの導入による在宅支援も多職種と連携し調整を行い、家族様も含め継続したより良い療養環境を選択できる様、相談体制も整えております。

6F

専門的知識を共有し合い、多職種と協力して患者様の力になれるよう努めています。

6階病棟は外科(消化器・呼吸器・甲状腺・乳腺・形成外科・婦人科)病棟です。年間約600例の手術が行われており、周手術期を中心に日々看護を行っています。病棟には薬剤師・管理栄養士・MSW・退院調整看護師が在中し、多職種で患者様に関わり、それぞれの専門性を最大限に発揮し、一日でも早く元の生活が送れるように努めています。

7F

患者様に安全で安心できる医療を提供できるように日々自己研鑽に励んでおります。

7階病棟は整形外科・脊髄脊椎外科・リウマチ関節症センターの病棟です。整形外科・脊髄脊椎外科では、外傷を中心に年間1000例を超える手術を行っています。また、リウマチ関節症センターでは、生物学的製剤を使用したリウマチに治療や股関節・膝関節の外科治療およびリハビリテーションを行っています。手術後の患者様が多く入院しており、手術後の合併症を起こさないように早期離床を図り、その人の持てる回復の可能性を最大限に発揮できるよう努力しております。病棟スタッフは笑顔を忘れず、患者様のニーズに沿った看護を提供できるよう心がけています。

8F

患者様と心を通わせ合い患者様が安心できる質の高い看護を提供できるよう努力しています。

8階病棟は内科・泌尿器科の混合病棟です。内科では消化器・呼吸器などの疾患の治療をしています。泌尿器科では化学療法や手術を行っています。当病棟は入院初期よりスタッフ一丸となって早期回復・早期退院ができるように全力でサポートしていきます。また、病院理念の「患者様には愛を」をモットーに日々看護を提供していきたいと思います。

9F

患者様の心に寄り添った、質の高い看護を提供できるよう努力しています。

9階病棟は内科病棟です。呼吸器疾患、消化器疾患、糖尿病などの検査・治療やがん患者への治療を行っています。当病棟では、高齢の方が多く一日でも早く元の生活に戻って頂けるよう他職種との連携を図り、安全で安心できる看護を提供できるよう努力しています。窓からの景色は、博多湾やドームも見え心も癒してくれます。

回復期

在宅復帰に向けて看護師・リハビリ・ソーシャルワーカー・管理栄養士が一丸となって支援いたします。

4B回復期病棟は、脳血管疾患・運動器疾患・術後の廃用症候群などのリハビリが必要な患者様が入院されています。回復期病棟の特徴として患者様は1日最大9単位(180分)、1日も休まず継続してリハビリを受けることができます。また、多職種と連携し、患者様が不安なく在宅へ退院できるように患者様一人ひとりの生活を見据えて看護を提供していきます。心寄り添う看護を目指してスタッフ一丸となって支援いたします。

OPE室

手術室では「安全であること」をテーマに医師・看護師・臨床工学士と共に協力しています。

患者さまの症状の改善に努め、合併症を最小限にできるよう心がけています。日々医療は進歩し手術内容も進歩している現在、教育・指導の充実を図り患者様によりよい治療・看護・環境を提供できるよう頑張っています。

手術室数:6室(ハイブリッド手術室1室)
人工心肺:1台
顕微鏡:3台
内視鏡モニター:外科・脳神経外科・呼吸器外科・泌尿器外科各1台
年間手術件数:3,457例(2019年度)

退院支援

患者様が安心して生活できるよう全力でサポートいたします。

各病棟に医療ソーシャルワーカー、退院調整看護師を配置しております。患者様が安心して入院生活を過ごして頂けるよう、入院前から面談を行い患者様の抱えている不安や問題点を早期に把握しております。それに加えて入院後にも面談を行い、多職種でカンファレンスを実施することで、退院に対する不安を軽減できるように努めています。在宅療養・転院・施設入所などの調整、介護保険・福祉制度などに関する相談支援を行い、患者様が安心して生活できるよう医療機関、介護・福祉施設、地域団体への架け橋となるよう全力でサポートいたします。