社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

関節症センター

当センターは、関節リウマチ、股関節、膝関節外科を中心とした関節症の治療を行っています。
手術の回避・延期を目指した患者立脚型医療としての膝・股関節の新しいリハビリ治療を行っています。「新着情報変形性膝・股関節症の治療方針」をご覧ください。

イメージ:林 和生
関節症センター長
林 和生
九州大学卒
資格:
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本リウマチ学会指導医
所属学会:
日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本股関節学会、西日本整形・災害外科学会
コメント:
膝・股関節外科においてはH19年に新しいリハビリであるPSTRエクササイズ(ゆうきプログラム)を導入して以来、“本当に必要な手術かどうかを適切に判断し、可能な場合は手術の回避・延期に務める”医療を行っています。
★「PSTRエクササイズ(ゆうきプログラム)」は、ゆうき指圧大谷内輝夫院長により開発されたホームエクササイズ(自宅で自分で行うリハビリ)です。
主な研究論文
林センター長が開発した骨と結合するセラミックであるハイドロキシアパタイトをコーティングした人工股関節置換術はすでに臨床応用されていますが、長期成績において従来のセメント非使用(セメントレス)人工股関節より優れた成績を納め現在世界的に普及しています(1994年人工股関節の新しいデザインで米国特許取得)
関節リウマチについては、地域の先生との連携医療を基盤に生物学的製剤その他新しいリウマチ薬による治療も行っています。

関節症センター患者様へお知らせ

1.平成24年7月1日より新規患者受付日を月曜日・水曜日の午後に限定し、完全予約としています。
  各日3名様を受付けいたします。
2.再来患者様も完全予約としまして、予約外の患者様には一旦整形外科を受診して頂き、後日の関節症
  センター外来を予約して頂くことになります。
3.予約の患者様へ後日予約日の変更や時間の変更をお願いする場合がございます。

診察体制:完全予約制

 
午前 林 和生
(完全予約制・再診のみ)
  林 和生
(完全予約制・再診のみ)
  林 和生
(完全予約制・再診のみ)
林 和生
(完全予約制・再診のみ)
午後 林 和生
(完全予約制・新患のみ)
  林 和生
(完全予約制・新患のみ)
  林 和生
(完全予約制・再診のみ)
 

関節症センター外来予約は整形外科受付にて行います。

■予約について
予約および予約変更 TEL:092-608-0016
電話予約受付時間は、平日(月~土)13:00~16:00となります。
※日曜日・祝日は受付しておりません。

新着情報

■「PSTR(ゆうきプログラム)エクササイズ」
「PSTR(ゆうきプログラム)エクササイズ」は、ゆうき指圧整体院大谷内輝夫院長により開発されたホームエクササイズです。

<変形性膝・股関節症の治療方針>

下記方針で治療を行った「PSTRエクササイズ(ゆうきプログラム)」の臨床成績をOARSI(世界変形性関節症会議)2015(2015.4.30〜5.3、於:米国、シアトル)・第43回日本股関節学会(2016.11.5.、於:大阪)で発表しました。詳細は、「新着情報」をご覧ください。
※PSTR エクササイズ:(Pericapsular Soft Tissue and Realignment:関節周囲軟部組織および再配列)エクササイズ。
<OARSI 2015・第43回日本股関節学会 2016 のまとめ>
  • 1:当科初診前に手術と言われていた例を分析した結果、痛みは「関節面からの痛み」ではなく「関節外の軟部組織(主に靭帯)からの痛み」である例が多いという結果になりました。解説
  • 2:「関節外の軟部組織(主に靭帯)からの痛み」は、PSTRエクササイズで改善させることができました。「新着情報」の第43回日本股関節学会報告・OARSI 2015 報告をご覧ください。
  • 3:「関節面からの痛み」の場合には手術の対象になります。
  • 4:PSTRテスト(PSTRエクササイズの中の関節腔拡大法:ペア体操)で初診時に手術回避が可能(関節外の軟部組織(主に靭帯)からの痛み)か不可能か(関節面からの痛み)を診断することができるようになりました。解説
  • 5:「PSTRエクササイズ」の適応外
  • ★H19年から約10年間取り組んできたPSTRエクササイズの上記経験についてのエビデンス検証を目的にH29年8月より福岡和白病院関節症センターと長野県浅間総合病院整形外科で2施設同時前向き試験を開始します。(UMIN登録番号000028277)
1.初期の場合
新しいリハビリである「PSTRエクササイズ」により症状を改善させ手術を回避します。
2.疼痛の強い場合や他の病院で手術を勧められた後初診された場合
初診時に「PSTRテスト」を行うことで手術回避が可能かどうかを診断します。可能なら「PSTRエクササイズ」を開始して手術の回避・延期に努めます。

手術と言われレントゲンで関節裂隙(関節の隙間;軟骨部分)がなくなっていてもPSTRエクササイズ(自宅でのホームエクササイズ)で下記の症状を自分で改善させることができます。

【股関節痛がある方】
① 立ち上がりで痛む。
② 歩き出しの一歩が痛む。
③ 股関節周囲が重だるくなる。
 (特に太ももの前面)
④ 膝が上がりにくく、階段が上りにくい。
⑤ 上向きで寝て両膝を抱え込んだ時、膝頭が胸につかない。
⑥ 足を横に広げにくい。
【膝痛がある方】
① 立ち上がりで痛む。
② 歩き出しの一歩が痛む。
③ 膝の内・外側に痛みがある。
④ 階段の上り降りの時に痛む。
⑤ 膝が曲がらなくなってきた。
  完全に伸びなくなってきた。
⑥ 片足立ちができない。

<関節腔拡大法:ペア体操について>
初診時に手術回避が可能か不可能かを診断するテストとして開始した関節腔拡大法:ペア体操を毎日のエクササイズとして行うと症状の改善が早くなることがわかってきました。よって、自宅で一人で行えるように股関節ペア体操補助器を開発しました。今後、膝関節ペア体操補助器を開発予定です。

補助器の使用例

治療は自宅リハビリが中心で原則として1回/2週間通院によるリハビリ指導(遠方の場合は調整します。)を初診から6ヵ月後まで行います。その後は1回/6ヵ月 担当医による外来でのレントゲンを含めた経過観察を行います。
3.「PSTRエクササイズ」でも改善しない真の難治例
 (「関節面からの痛み」の場合や「関節外の軟部組織からの痛み」でも長期間放置され可動域制限が強い場合)
★手術の対象になります。手術を行う場合でも術前に「PSTRエクササイズ」により腰椎・骨盤・股関節・膝関節・足関節(アキレス腱短縮)のアラインメント不良・関節可動域制限の調整を行うことでよりよい予後(術後の早期の社会復帰・早期の杖なし歩行)を追求します。
手術を検討せねばならないような股関節可動域制限が強い場合は、放置されると腰仙関節障害による腰痛が出現します。よって、腰痛が出現する前に股関節手術を受ける方が術後のよりよい症状改善につながります。「手術を受けたけれど痛みが続いてあまり歩けません。」といって当科を初診される例ではこの腰仙関節障害による腰痛が残っているケースを経験しています。
★若年者(45歳以下)で「関節外の軟部組織からの痛み」や「関節唇断裂の痛み」であってもPSTRエクササイズで改善しない場合は、まれに寛骨臼回転骨切り術を検討する時があります。
<術後リハビリ>手術により歩くことができるようになっても退院後も痛みが続くことがあります。この痛みに「PSTRエクササイズ」を行ったところ多くの例で痛みが改善することがわかってきました。今後、術後リハビリのシステムを確立していきます。
術前・術後リハビリについて
4.リハビリの継続について
当病院リハビリ科で指導を受けた後、「膝痛・股関節痛を自分で治す」ことを目標に自宅でのホームエクササイズで治療を継続します。
5.下肢静脈血栓症・肺塞栓の予防対策
下肢の手術では下肢静脈血栓症や肺梗塞(エコノミー症候群)を起こす可能性があります。高齢者では、この危険性が高くなります。当科では、国内トップレベルの実績を持つ当院ハートセンターと連携して常時24時間体制で対応しています。
術後の深部静脈血栓症・肺塞栓に対する対策

診療内容

(1)股関節外科
1:変形性股関節症・臼蓋形成不全
関節温存手術を第一選択として人工関節手術は、最終手段としています。若年者では、寛骨臼回転骨切り術を行なっています。
“変形性股関節症:より快適に、QOL向上を目指して”、平成18年6月週間朝日掲載

■人工股関節の術後脱臼
手術法(手術アプローチ)の改良により術後脱臼が激減しました。
人工股関節の術後脱臼

■人工股関節手術後の指導
人工股関節手術後の日常生活についての指導は、病棟・リハビリ部屋で丁寧に指導しています。


“人工股関節術後の生活指導 前側方アプローチを受けた方
“人工股関節術後の生活指導 後方アプローチを受けた方
(2)膝関節外科
1:変形性膝関節症
高齢者に人工関節置換術若年者に高位脛骨骨切り術を行なっています。その他、関節鏡手術を行なっています。
2:両側同時人工膝関節置換術
両膝痛のために歩行困難な患者さんには両側同時の人工膝関節置換術を行なっています。1回の手術で両膝を手術しリハビリの進行・入院期間は片側の手術と同じです。特に高齢者の両膝痛の患者さんにお勧めします。
(3)関節リウマチ
上肢・下肢の関節手術全般を行なっています。また、従来の抗リウマチ薬で寛解しない患者さんには生物学的製剤による治療も行なっています。
臨床治験も含む。治るようになった”リウマチ”治療について

整形外科健康教室のお知らせ(参加費:無料)

第27回 整形外科健康教室(クリックしてください。)
手術と言われた膝・股関節痛を自分で治せるリハビリ ─膝・股関節痛に伴う腰痛も改善させます─
日時:平成29年9月2日(土)
午後13:00〜15:30まで(12:00に受付開始) 12:30よりビデオ上映
会場:福岡和白病院2階会議室
求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 後期研修医(専攻医)募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2017(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved