社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

関節症センター

当センターは、関節リウマチ、股関節、膝関節外科を中心とした関節症の治療を行っています。
手術の回避・延期を目指した患者立脚型医療としての膝・股関節の新しいリハビリ治療を行っています。「新着情報変形性関節症最大の問題点」をご覧ください。

イメージ:林 和生
関節症センター長
林 和生
九州大学卒
資格:
医学博士、日本整形外科学会専門医(指導医講習会受講済み)、日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本リウマチ学会指導医
所属学会:
日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本股関節学会、西日本整形・災害外科学会
コメント:
膝・股関節外科においてはH19年に新しいリハビリであるPSTRエクササイズ(大谷内・林プログラム)を導入して以来、“本当に必要な手術かどうかを適切に判断し、可能な場合は手術の回避・延期に務める”医療を行っています。
※PSTR エクササイズ:(Pericapsular Soft Tissue and Realignment:関節周囲軟部組織および再配列)エクササイズ。
★「PSTRエクササイズ(大谷内・林プログラム)」は、ゆうき指圧大谷内輝夫院長により開発されたホームエクササイズ(自宅で自分で行うリハビリ)です。
林センター長が開発した骨と結合するセラミックであるハイドロキシアパタイトをコーティングした人工股関節置換術はすでに臨床応用されていますが、長期成績において従来のセメント非使用(セメントレス)人工股関節より優れた成績を納め現在世界的に普及しています(1994年人工股関節の新しいデザインで米国特許取得)
関節リウマチについては、地域の先生との連携医療を基盤に生物学的製剤その他新しいリウマチ薬による治療も行っています。

はじめに

当科では、膝痛・股関節痛全般と関節リウマチの治療を行っています。

膝痛・股関節痛の中で最も多い変形性膝・股関節症は、生命に直接影響を与える疾患ではないためまずは、患者さんの願いである「手術しないで歩けるようになる。」治療が優先します。この目的で、手術を考えるような痛みの強い例に対し筋力増強訓練とストレッチングを行いましたが手術回避の経験はできませんでした。

H19年からPSTRエクササイズを採用しましたところ当科初診前に手術しかないと言われていた例の80%-85%で症状改善し手術回避・延期ができるようになりました。PSTRエクササイズは、骨盤のアライメント不良を調整し関節拘縮(靭帯・関節包が捻じれて硬くなり関節の動きが制限された状態)を除去・軽減させ筋力増強訓練には重きを置かないところが特徴です。

PSTRエクササイズのエビデンスを検討するために平成29年8月から長野県浅間総合病院整形外科とHarris Hip Score(HHS)60点未満の変形性股関節症例(HHS:正常100点。60点未満は痛みの強い重症例でほぼ全例手術しかないと言われている例です。)を対象に多施設共同前向き単群研究を開始しました。11年間にわたるPSTRエクササイズの経験から当科初診前に手術しかないと言われその後PSTRエクササイズにより症状改善し手術回避・延期できた例の特徴は、痛みは「関節面の骨からの痛み」ではなく「関節外の靭帯・関節包からの痛み」が主であると思われる点でした。

変形性膝・股関節症の診断学の改正提案を目指して今後の研究を進めていく予定です。

★変形性股関節症で当科初診前に手術と言われていましたが、関節面の骨からの痛みではなかったと思われた例。解説

★変形性膝関節症で当科初診前に手術と言われていましたが、関節面の骨からの痛みではなかったと思われた例。解説

平成30年3月7日
林 和生

新着情報

変形性関節症最大の問題点

<OARSI 2015・第43回日本股関節学会 2016 のまとめ>
  • 1:当科初診前に手術と言われていた例を分析した結果、痛みは「関節面からの痛み」ではなく「関節外の軟部組織(靭帯・関節包・インナーマッスル)からの痛み」である例が多いという結果になりました。解説
  • 2:「関節外の軟部組織からの痛み」は、PSTRエクササイズで改善させることができました。「新着情報」の第43回日本股関節学会報告・OARSI 2015 報告をご覧ください。
  • 3:「関節面からの痛み」の場合には手術の対象になります。
  • 4:大谷内・林テスト(PSTRエクササイズの中の骨盤・下肢アライメント調整と靭帯・関節包・インナーマッスルの拘縮除去(関節可動域拡大)のみのエクササイズ。筋力増強訓練を含まない。)で初診時に手術回避が可能(関節外の軟部組織からの痛み)か不可能か(関節面からの痛み)を診断することができるようになりました。解説
  • 5:「PSTRエクササイズ」の適応外
★H19年から約10年間取り組んできたPSTRエクササイズの上記経験についてのエビデンスの検討を目的にH29年8月より福岡和白病院関節症センターと長野県浅間総合病院整形外科で多施設共同前向き単群研究を開始しました。(UMIN登録番号000028277)
★変形性股関節症で当科初診前に手術と言われていましたが、関節面の骨からの痛みではなかったと思われた例。解説
★変形性膝関節症で当科初診前に手術と言われていましたが、関節面の骨からの痛みではなかったと思われた例。解説
変形性股関節症
外来で遭遇する股関節痛には変形性股関節症、高齢者の大腿骨頭脆弱性骨折(急速破壊型変形性股関節症など)、大腿骨頭壊死などがありこの中で最も多いのが変形性股関節症です。
<代表的疾患>
  • 1:変形性股関節症 解説
  • 2:脆弱性骨折(急速破壊型変形性股関節症など) 解説
  • 3:大腿骨頭壊死 解説
  • 4:膝痛・腰痛で長く治療してもよくならないとき 解説
<変形性股関節症の治療>
  • 手術によらない保存的治療と手術治療があります。
  • 1:保存的治療(PSTRエクササイズによる手術の回避・延期) 解説
    ★当科初診前に手術と言われていた例の80%-85%が症状改善し手術回避・延期しています。
  • 2:手術治療 解説
変形性膝関節症
外来で遭遇する膝痛には変形性膝関節症、膝骨壊死、高齢者の脆弱性骨折、半月板損傷などがありこの中で最も多いのが変形性膝関節症です。
<代表的疾患>
  • 1:変形性膝関節症 解説
  • 2:膝骨壊死・脆弱性骨折 解説
  • 3:半月板損傷 解説
  • 4:膝痛・腰痛で長く治療してもよくならないとき 解説
<変形性膝関節症の治療>
  • 手術によらない保存的治療と手術治療があります。
  • 1:保存的治療(PSTRエクササイズによる手術の回避・延期) 解説
    ★当科初診前に手術と言われていた例の80%-85%が症状改善し手術回避・延期しています。
    ★当科初診前にヒアルロン酸注入で改善しなかった多くの例でPSTRエクササイズにより症状改善しています。特徴は、痛みは「関節内の痛み」ではなく「関節外の靭帯・関節包からの痛み」である点です。
  • 2:手術治療 解説
関節リウマチ

PSTRエクササイズ普及活動

整形外科健康教室のお知らせ(参加費:無料)

  • 第28回 整形外科健康教室(クリックしてください。)
  • 手術と言われた膝・股関節痛を自分で治せるリハビリ ─骨からの痛みと靭帯・関節包からの痛みを区別するリハビリ─
  • 日時:平成30年3月24日(土)
  • 午後13:00〜15:30まで(12:00に受付開始) 12:30よりビデオ上映
  • 会場:福岡和白病院2階会議室
  • ※名刺交換会について
  • 当日健康教室にお越し頂ける方の中に、各種健康教室の先生方や治療家の先生方がいらっしゃいましたら、今後の交流を深めるために名刺交換会(12:30〜)をさせて頂きます。
  • 担当者:リハビリテーション科 春口
  • ★アイアンクラブでの講演
  • 日時:平成30年9月13日(木)
  • 会場:鉄鋼会館 (住所)東京都中央区日本橋茅場町3-2-10
  • 講師:大谷内輝夫(ゆうき指圧)、林和生(福岡和白病院 関節症センター長)
  • アイアンクラブの概要
  • 最近の講演リスト

研究業績

賞罰
  • 1.平成5年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞受賞
  • 2.1994年人工股関節の新しいデザインで米国特許取得(United States Patent,5314488)
役職
  • 2017- Editorial Board, Journal of Clinical Investigations and Studies
研究論文

外来のご案内

  • 1.平成24年7月1日より新規患者受付日を月曜日・水曜日の午後・木曜日の午前(第1・3・5のみ)に限定し、完全予約としています。
    各日3名様を受付けいたします。
  • 2.再来患者様も完全予約としまして、予約外の患者様には一旦整形外科を受診して頂き、後日の関節症センター外来を予約して頂くことになります。
  • 3.予約の患者様へ後日予約日の変更や時間の変更をお願いする場合がございます。
診察体制:完全予約制
 
午前 林 和生
(再診のみ/第2休診)
  林 和生
(再診のみ)
林 和生
(新患のみ)
林 和生
(再診のみ)
林 和生
(再診のみ/第1・3休診)
午後 林 和生
(新患のみ)
  林 和生
(新患のみ)
  林 和生
(再診のみ/第2休診)
 

※ 関節症センター外来予約は整形外科受付にて行います。

■予約について
  • 予約および予約変更 TEL:092-608-0016
  • 電話予約受付時間は、平日(月~土)13:00~16:00となります。
    ※日曜日・祝日は受付しておりません。
関連リンク
求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 後期研修医(専攻医)募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • ケアワーカー募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2018(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved